文字作家デビューをしたい人必見!自費出版から流通までの流れを確認しましょう。

作家デビューをするには宣伝も1つの仕事

自分や身近な人が宣伝をする場合

自分や知人が自費出版の本を宣伝する場合、身近な書店に置かしてもらったり宣伝力のある人への売り込み、SNSを駆使した宣伝など様々な方法があります。


特にSNSを用いて宣伝をするなら、可能な範囲での無料掲載をするのも有効な手段となるでしょう。閲覧した人が購入したい気持ちになれば、売上アップに繋がります。なお、大手ショッピングサイトなど販売ルートの情報掲載もしましょう。

また、親族や交流のある知人に売り込みを掛けるのも大事です。宣伝力がある人であれば、人から人へ伝えてくれます。身近な場所からファンを作れると大きな成果になり、作家デビューを目指せる近道になるかもしれません。

ただし、購入した人やサポートをしてもらった人に感謝の気持ちを伝えることや、できる範囲でのフォローは忘れないでください。それを怠れば、足元を抄われる可能性が出ます。

宣伝力の高い人に評価してもらうのもアリ

インフルエンサーや認知度の高い芸能人のような宣伝力の高い人が自費出版について紹介をすれば、売れる可能性が出ます。上手くいけば、完売以外に重刷も目指せるかもしれません。SNSを利用する場合は、適した人を見つけたうえで直接交渉をしましょう。インフルエンサー検索ツールを用いたり、キャスティング会社に入ってもらった後に交渉を進めるのも有効な方法かもしれません。

しかし、あくまでもビジネスパートナーの範囲で交渉や交流を図りましょう。たとえ人気のある人でもプライベートに入り込むのは辞めてください。

また、ステルスマーケティングの方法を取れば今後の信用問題に繋がりかねません。インフルエンサーへの宣伝や口コミ投稿も、正確な情報掲載をお願いしましょう。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ