文字作家デビューをしたい人必見!自費出版から流通までの流れを確認しましょう。

自費出版から販売するまでの流れについて

なぜ100万円以上も掛かるのか?

自費出版を行う場合、200ページの書籍を1,000部発行をすれば100万円以上が掛かります。そのうえ、別途業者への手数料も10万円以上発生します。

業者に依頼する場合に費用が掛かる理由は、企画費やデザイン費、印刷代など様々なものが発生するためです。校正も必要となればそれに掛かる時間や労力を要する分、費用も嵩みます。

その他、印刷デザインや帯をつけてもらうとなれば、更に費用が掛かります。最初から自費出版での拘りを出したい人であれば、可能な範囲でお金を掛けるのも1つの方法かもしれません。

ただし、多くの人が購入しないと収益が出ません。単に想い出づくりの目的なら問題ないかもしれませんが、費用面の回収まで見込んでいるなら、コスパの高さも計算しておくのがおススメです。

削れる所は削りたい人へ

自費出版をする場合の印税は、携わった業者への手数料を支払うと1割から5割が相場となります。例えば、お客さんに1,000円で購入してもらえた場合、1割の印税を設定すれば手元に100円残ります。とはいえ、自費出版で1,000部製本をして100万掛かった場合では、完売で10万円となるので90万円の赤字です。

できるだけ初期費用を抑えるのも、1つの方法となるでしょう。例えば、表紙のデザインや文章校正を自分や知人に依頼をするなどをすれば、その分手間が省けるので、費用負担は少なくて済みます。

出版社とwin-winの関係になれば印刷代などの負担は受けられますが、賞レースで優勝や入賞レベルに入らないと難しいです。先ずは赤字をできるだけ削れるように図り、自分の身の回りからファンを獲得することや、何らかの賞レースで入賞するのが作家デビューの近道かもしれません。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ