本を出版したい!初めての自費出版で流通までの流れ

文字作家デビューをしたい人必見!自費出版から流通までの流れを確認しましょう。

自費出版をするには少なからず費用が掛かる

小説をはじめ自分の書いた文章作品を出版するにあたり、余程認知度の高い賞を受賞していないと出版社から依頼を受けることはないでしょう。しかし、自分の作品を出版して生計を立てたり認知度を高めたい人なら、自費出版は外せない方法の1つです。

出版する前に原稿作成をしますが、手書きも1つの方法です。しかし、実際にパソコンを用いた完全データの方法で出版しているケースが多いです。ワードソフトでの作成も可能かもしれませんが、出版を依頼する所次第では、指定のソフトでの作成を求められます。

その後表紙のデザイン決めをしますが、自費出版のサイトを調べると既製のデザインやオリジナルの装丁など様々なラインナップがあります。自分好みのものが見つかれば、使用するのも良いでしょう。自分で写真撮影やイラスト作成できるスキルがあれば、オリジナルの表紙を仕上げるのも1つの方法です。しかし、写真撮影の場合はカメラの解析度が低いとぼやけた画像にしか仕上がりません。また、イラストを含めて著作権や肖像権の問題も発生するので、表紙づくりをする際は注意してください。

本の仕様は文庫本かA4など様々な方法があります。作成する企業によっては、オプションで帯づけや文章校正もしてくれます。なお、自費出版をする場合、1,000冊の印刷をする場合、手数料を含めて100万円以上が相場です。格安でできる場合もありますが、文章校正無しなど条件があるので、後々の手間を考えるなら安いだけで選ぶのは控えた方が良いかもしれません。

また、自費出版を完了した後も販売方法を押さえることや十分な宣伝が出来ないと、満足な売れ行きにならないでしょう。特に認知度が高くない人が自費出版をする場合は尚更です。最初から黒字化にするのが理想ですが、可能な範囲で赤字を小さくするのも大事な方法となります。

↑ページの先頭へ